オリーブオイル石鹼の製法には2つ存在する

オリーブオイル石鹼の製法には2つ存在する

オリーブオイル石鹸とは聞いたことがあっても、実際使用したことが無い人も多いのではないでしょうか。
オリーブオイル石鹼はオーガニック製品を扱っているお店で人気であり、一時期はとてもブームになったこともあります。
そんな石鹸はオリーブオイルだけでしっとりタイプとさっぱりタイプ2種類の製造方法があるのです。
しっとりした仕上がりにしたい場合は、オイルと精製水・苛性ソーダを準備します。
さっぱり仕上げたいときは、苛性ソーダの割合を増やすと仕上がりが変わってきます。
なお作るときはゴム手袋やマスク・ゴーグルをはめることが大事です。
そのうえで換気もきちんと管理することにより、子供やペットが近づかないようにすることも必要となってきます。
そして泡だて器で根気よく作る必要もあるために、かなり気合を入れて作業をする必要があるためにあらかじめ覚悟が必要です。
すべてを混ぜたら型に流し込んで、1週間以上置いて乾燥させると完成です。

けん化を経て出来上がるオリーブオイル石鹼

ブースターやマッサージオイルや保湿クリームやリップバームやヘアトリートメントなど、オリーブオイルが配合されたコスメは数多くありますが、けん化という製法で丁寧に作られたオリーブオイル配合の石鹼も人気です。
保湿力の高さが魅力で、潤いを与えながら優しく洗い上げることが出来ます。
オイルが含まれているので普通の石鹼に比べて泡立ちが弱いという特徴がありますので、スポンジや泡立てネットなどを用いてボリューム感のある柔らかい泡を作るのが良いでしょう。
オリーブオイル由来のスクワランは肌に存在するものであるため、刺激を受けやすい敏感肌の方でも安心して使えます。
オリーブオイル以外のオイルがプラスされていたり、ビタミンEが強化されていたりするものもあります。
保湿効果が高いので洗った後のカサつきやツッパリ感も生じませんし、アロマ配合の良い香りのものを使えばボディケアの時間がちょっとしたリラックスタイムに早変わりです。

オリーブオイルに関する情報サイト
オリーブオイルのお役立ち情報

このサイトではオリーブオイルと石鹸との関連性について、様々な人の意見を参考に紹介しています。これから新しく作ろうと思っている人や、製法を詳しく知りたい人が納得できる情報をはじめ、オイルと石鹸との関連性についてなどもまとめてあるため、作る時に参考になる可能性が高いです。自分だけのオリジナルソープを作りたいと考えている人も多いですが、オリーブ油を使って作る魅力や分量などを正確に把握して作ると、使ってよかったと実感できます。

Search