オリーブオイルは他の植物油と相性がよいので材料の一部として石鹼に使用される

オリーブオイルは他の植物油と相性がよいので材料の一部として石鹼に使用される

皆さんはオリーブオイルにどのようなイメージをお持ちでしょうか。
おそらくは料理に使われる油というイメージが強い方が大半だと思います。
しかしながら実は様々な用途に使われている油でもあります。
特に有名なのが石鹼。
弱酸性でヒトの皮脂に近い性質を持つ油のため肌に優しく、オリーブの名産地であるシリアのアレッポという町や南仏のマルセイユなどでは、当地でとれる良質なオリーブオイルを使用したものが名産品として古くから製造されており、今でも美容に関心の高い人たちの注目を集めています。
ひとつオリーブを原料とする石鹼のデメリットを挙げるとすれば、オリーブオイルそのものは多くの原料を集めてようやく採取できるもので、原料の製造コストが高く高品質ゆえに製品も高価になってしまうことですが、オリーブ自体が植物性の油のため、そのほかの植物油と非常に相性がよく、植物油と混合して製造することで高価過ぎず、誰にとっても試しやすい価格帯で、かつオリーブの持つ肌へのやさしさを兼ね備えた製品を作ることが可能になり、現在では多くの製品にオリーブオイルが原料として使用されています。

オリーブオイルでできた石鹼の適切な使用量とは

オリーブオイルで作られた石鹼の1回ごとの使用量はどれくらいなのか、気になる人も多いです。
基本的にそれほど大量に使用することはないため、上限はないと考えられています。
普段食べるときにはある程度摂取量が決められていますが、使用量に関しては限定されていません。
普段食べるときには1日に大匙2杯程度が適切といわれています。
食べるだけではなく、洗顔を行うときに使うオリーブオイル石鹸の適切な量は、手のひらに泡が乗り切る程度だという意見が多いです。
泡立てネットを使ったほうがしっかりとしたコシのある泡に仕上がるため、できるだけ使用したほうがいいといわれています。
洗髪の時にはそれよりも多少多い程度で、泡を濡れた髪に乗せる程度が最適です。
あまり大量に乗せると泡が落としきれなくなってしまい、頭皮や髪が荒れる原因となりかねません。
洗う前にお湯洗いを適切に行うことで、泡を生かしてきれいに洗うことができます。
身体を洗うときにはタオルなどで泡立てた分で十分ですが、泡立ちが悪い場合は水を少し加えて泡立てるとしっかり泡立つことが多いです。
毎日使っても問題ありませんが、ごしごしと音を立てて洗うと肌荒れの原因になるため、泡でしっかり洗うようにすること、すすぎをしっかり行うことを忘れないでください。

オリーブオイルに関する情報サイト
オリーブオイルのお役立ち情報

このサイトではオリーブオイルと石鹸との関連性について、様々な人の意見を参考に紹介しています。これから新しく作ろうと思っている人や、製法を詳しく知りたい人が納得できる情報をはじめ、オイルと石鹸との関連性についてなどもまとめてあるため、作る時に参考になる可能性が高いです。自分だけのオリジナルソープを作りたいと考えている人も多いですが、オリーブ油を使って作る魅力や分量などを正確に把握して作ると、使ってよかったと実感できます。

Search